0120-86-2139

【営業時間】10:00 〜 19:00
【定休日】水曜日

再建築不可物件お困りございませんか?
売却方法をご提案します

早く再建築不可物件を処分してストレスから解放されましょう!

このような事でお悩み
ございませんか?

  • そもそも再建築不可物件かどうかわからない・・・
  • 再建築不可と言われて他社に買収断られる
  • 相談した物件が再建築不可で困っている
  • 建て替えができなくて使い道がない物件、早く処分したい
  • 誰も住んでいないのに固定資産税だけを払い続けている

提案力が違います!
不動産売却専門CENTURY21アーバン21

再建築不可の不動産でも
売却・買取・有効活用をご提案します!

  • 間口が2m未満の旗竿地
  • 違法建築で建てられた物件
  • 接する道路が建築基準法
    の道路ではない
  • 相続で譲り受けた再建築不可物件

不整形地

旗竿地

狭小地

リフォーム・リノベーションを行う

柱や梁などの構造体を壊して建物を建て替える場合、「建築確認申請」と呼ばれる申請が必要です。再建築不可物件の場合、この申請を通すことができませんが、構造体を残したまま行うリフォーム・リノベーションでは申請が不要なため、自由に行うことができます。
リフォーム・リノベーションによって不動産の付加価値を高めることで、売却を有利に進められる可能性があります。

隣地への売却

敷地が隣り合っているなら、同じように接道に関して悩みを抱えている可能性もあります。
隣地が接道要件を既に満たしている場合は、相場より若干安いくらいの値段での売却が可能なケースもあります。

買取制度を利用する

不動産会社に直接売却する買取制度なら、再建築不可物件でも売却できることがあります。上記二つの方法がうまくいかない場合は、最終手段として検討してみましょう。売却額は安くなりがちですが、急いで売りたい場合は特に有効です。

再建築不可の物件を売るポイント

再建築が出来ない不動産の場合、不動産会社が買取をしても再建築は出来ません。
その為、不動産買取業者は他の方法を考え売却を検討します。
極端に古すぎる物件で不具合が多くある物件となってしまうと不動産買取業者も利活用の選択肢が無くなってしまいます。
ポイントとしては物件が古くなったり、不具合が出る前に売ることです。築年数が古い、不具合がある物件となってしまうと資産価値も下がる為、買取価格も下がる傾向にあります。少しでも高く買取をして欲しい場合には早めの売却を判断したほうが良いでしょう。

まずは、自分の物件種別を選択してから
査定依頼をスタートしてみましょう!

査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

カンタン60入力で査定依頼

STEP1

STEP2

STEP3

STEP4

カンタン約60秒入力

無料査定スタート

お問い合わせ

24時間無料相談受付

電話でご予約される方はこちら

0120-86-2139

【営業時間】10:00 〜 19:00【定休日】水曜日
※毎週火曜日は、お電話・メールのみの受付となります