0120-86-2139

【営業時間】10:00 〜 19:00
【定休日】水曜日

借地権・底地お困りございませんか?
売却方法をご提案します

このような事でお悩み
ございませんか?

  • 借地人が買わないため買い手が見つからない
  • 地代の値上げ交渉で借地人と揉めている
  • 相続税の納税資金が足らず物納も難しい
  • 相続前に売却したいのにどの業者も買い取ってくれない

借地・底地の不動産の売却をお考えなら
不動産売却専門CENTURY21アーバン21にお任せください!

売り主様の状況に合わせた販売方法をご提案いたします

  • メリット
    1

    借地権者と底地権者の間に入って交渉します!

  • メリット
    2

    確実・スピーディなご売却のご提案いたします。

  • メリット
    3

    お支払いやお引渡しの時期などについて柔軟な対応が可能です。

  • メリット
    4

    周囲の方に知られずに
    売却できます。

\ 空家対策でお困りの方、売却・活用方法で相談したい方 /

まずは、自分の物件種別を選択してから
査定依頼をスタートしてみましょう!

査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

カンタン60入力で査定依頼

STEP1

STEP2

STEP3

STEP4

カンタン約60秒入力

無料査定スタート

借地とは?

「借地(しゃくち)」とは、他人から借りている土地のことです。借地には「借地権」という権利があります。
これは土地を借りた人(借地人)が、そこに自分の建物を建てるなど土地を利用する権利のことです。
つまり「底地」と「借地」は、物理的には同じ土地です。土地を貸している地主から見れば「底地」であり、土地を借りている借地人から見れば「借地」ということです。

底地とは?

「底地(そこち)」とは、借地権(下記を参照)が設定されている土地のことをいいます。「貸地(かしち)」とも呼ばれます。底地の所有者が地主、土地を借りている(借地権を持っている)人を借地人(しゃくちにん)といいます。
底地を所有する地主には、借地人に土地を貸すことで地代(賃料)を受け取れる権利や、契約更新などの際に借地人から一定のお金をもらえる権利があります。また借地人が他の人に借地権を売買する際は地主の承諾が必要で、その際は承諾料を請求できます。

売却の注意点

底地は、借地人に貸し付けている土地なので、売りに出したとしても購入者は自由に土地を扱えません。
そのため、底地の需要は低く底地だけを売却しようとしても売却活動は難航してしまいます。買主が見つからず、いつまで経っても売却できないかもしれません。
底地の売却を検討しているなら、まずは借地人へ売却相談を持ち掛けてみましょう。
借地人が底地を購入することで、土地の所有者と使用者が統一されるので「底地と借地」のデメリットが解消されます。
しかし、交渉する際には、トラブルになるケースが多く、経験豊富な不動産業者に任せる事をオススメします。
借地人への売却が困難であれば、専門の不動産買取業者に売却するとよいです。
「底地を早く売却して手放したい」「手間をなるべくかけたくない」という人に適した売却先です。
ただし、一般的な不動産会社に依頼してしまうと、本来より安い価格での売却になる恐れがあるので注意してください。

底地や借地は、権利関係の面倒が少ない更地に比べて売却の難易度が高く、売却価格も安くなる傾向があります。
売却の手順や準備を怠ると売却トラブルになってしまう可能性もあるので、相続した底地を売るべきか所有し続けるか悩んだり、売却を検討する場合は、地域事情に詳しく経験豊富な不動産業者に相談しましょう。

\ 空家対策でお困りの方、売却・活用方法で相談したい方 /

まずは、自分の物件種別を選択してから
査定依頼をスタートしてみましょう!

査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

カンタン60入力で査定依頼

STEP1

STEP2

STEP3

STEP4

カンタン約60秒入力

無料査定スタート

お問い合わせ

24時間無料相談受付

電話でご予約される方はこちら

0120-86-2139

【営業時間】10:00 〜 19:00【定休日】水曜日
※毎週火曜日は、お電話・メールのみの受付となります