0120-86-2139

【営業時間】10:00 〜 19:00
【定休日】水曜日

住み替え・買い替え
自宅の売却をご検討されてる方へ

このような事でお悩み
ございませんか?

家の買い替えは、「売る」と「買う」を同時に進めなければいけません。
方法としては2つに分かれます。

①今の家を売ってから、新居を買う
「売り先行」

②新居を買ってから、今の家を売る
「買い先行」

どちらの方法を選択するかを決めるには、

  • 今の家がいくらで売れるか?
  • 住宅ローンの残債があるが購入できるのか?
  • 住み替え先の紹介もして欲しい
  • 居住中でも売却できる?
  • いくらで売却できるか知りたい

自分にはどちらが実現可能か? 住み替えにはどんなローンが使えるのか? 
を、理解してから進めていきましょう。

不動産売却専門CENTURY21アーバン21なら
売却から住み替え先までワンストップでご提案いたします!

  • POINT 01

    エスクローサービスで
    安心・安全の資金確保ができる!

    不動産売買における資金計画・税金計算・お金の不安・疑問にも何でもお答えすることが可能です

  • POINT 02

    売却後の住み替え先
    購入から賃貸までご提供できます!

    お客様の資金状況やご希望に合わせた住まいのご提案やサポートが可能です

家の買い替えは、「売る」と「買う」を同時に進めなければいけません。しかし、大きくは下記のどちらかの方法です。
・新居を買ってから、今の家を売る「買い先行」
・今の家を売ってから、新居を買う「売り先行」
・どちらの方法を選択するかを決めるには、
・今の家がいくらで売れるか?
・資金繰りをどうするか?を先に把握しておくことが大切です。
・自分にはどちらが実現可能か? 住み替えにはどんなローンが使えるのか? を、理解してから進めていきましょう。

売却先行、購入先行の
メリット・デメリット

売却先行の場合 購入先行の場合
メリット
  • 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、購入の資金計画が立てやすくなります。
  • ご購入したい物件が先に決まると、仮住まいなど無駄な費用の発生がなくなり引越しもスムーズです。
  • じっくりと希望条件にあった物件を探すことができます。
デメリット
  • ご購入したい地域の物件が少ないなどの理由で、なかなか希望物件が見つからないことがあります。
  • 先にご売却できても引越までに新居が決まっていないと、決まるまでの間仮住まいをしなければなりません。
  • 売却のめどが立たないと、ローンを二重に支払わなければならない場合も想定されます。
売却先行の場合
購入先行の場合

家の売却と購入を「同時」に行う
必要がある理由

売却と購入、同じタイミングで買い替えするのは非常に難しいのです。
いつ売れるかわからない不動産売却と理想の住まいを見つける不動産購入は、片方だけでも成立させることが難しいのに、同時に達成できる可能性はかなり低くなります。
家の売却と購入を「同時」に行う必要があるのは、「住宅ローンが残っており、自宅が売れなければ新居が購入できない」もしくは「自宅を売却したお金で新居を購入する」ケースです!

家の売却と購入を「同時」に行う必要がある人は、まず自宅がいくらぐらいで売れるか査定してもらう必要があります。
自宅を売却しても住宅ローンが残りそうな人は、新居の購入を断念しなければならないかもしれません。また、自宅の売却価格(相場価格)がわからなければ、次の新居の予算や資金計画が立てにくくなります。

\ 空家対策でお困りの方、売却・活用方法で相談したい方 /

まずは、自分の物件種別を選択してから
査定依頼をスタートしてみましょう!

査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

カンタン60入力で査定依頼

STEP1

STEP2

STEP3

STEP4

カンタン約60秒入力

無料査定スタート

お問い合わせ

24時間無料相談受付

電話でご予約される方はこちら

0120-86-2139

【営業時間】10:00 〜 19:00【定休日】水曜日
※毎週火曜日は、お電話・メールのみの受付となります